教室環境大丈夫ですか?

「教室環境で気をつけたいこと

お教室やレッスンのホームページや

ブログ、SNSをお持ちの方が多いと思います。

「お子様の画像」の扱いについては

みなさまご存知だと思います。

今回はその件ではございません。

————-

こんな想いです。

こんな生徒さんになって欲しいです。

こんな悩みを抱えていませんか?

こんな楽しいレッスンでした!

こんなに成長しました!

体験レッスンがあります

(告知)

——————

などなど

様々な発信をしていると思います。

その中で

違う意味で目を引くのは

背景が汚い

部屋が狭い

ことです。

元々、

ピアノ個人レッスン用の

レッスン室の設定だったのに

後から

リトミックコースを開講したのだろう的な・・・

畳一畳分もないとても狭いところで

「リトミック??」

しかも複数人数。

そして、

いかにもリビングリトミック

リビングがダメということではなくって

広くて、素敵な方もいらっしゃいます。

小さい年齢の子供さんが活動する場合、

危ないものがないか?

背の届くところに色々ないか?

を考えた方が良いと思います。

棚から溢れるもの、

テーブルの脚や

楽器の脚が

あ、あ、危ない!

とハラハラします。

お子さんの音楽やリトミックによって

楽しまれている

素敵な表情

SNSにアップしている

その背景が

危なかったり、

狭すぎたり、

汚かったら

ちょっとマイナスです。

私もすっごい綺麗にしている訳ではありません。

お教室に来たことがある方はお分かりだと思います。

在籍生に

お写真を撮らせてもらう時は

背景に気を付けています。

ピアノの先生のお家には

たくさんの本があると思います。

私も溢れています。

一年前、取材を受けた際に

楽譜の棚に

簡単なカフェカーテン(の長いもの)を

急遽つけました!

大正解!

狭い方は角度の工夫などで

お子様の表情を中心にするなどで

ずいぶん変わると思います。

危ない方は、これを機に

ハッと気がついて欲しいと思います。

小さな年齢のお子様のレッスンをする場合は

細心の注意が必要です。