「伝わる力」が選ばれる

「伝わる力」って?

子どもの才能が開花する

「リトミック&ピアノ講師養成講座」主宰 加山佳美です。

「音楽」は「目に見えない教育」と言われて来ました。

・情操教育

・心の栄養

・感受性を育てる

どれも当てはまりますが、

昔と違うのは、研究も進み、指導法もたくさん有り

確実に「子ども」や「生徒さん」の力を伸ばすことが出来る

ということです。

先生方も、

音楽スキルや指導法を勉強したり

研鑽を積んだり、

教材研究をしたり

もっとっもっと「音楽」で子どもの力を伸ばしたいと

常々思っているのではないでしょうか?

「子どもについて」

「子どもの心理」

「大人の心理」

「思春期の子どもについて」

など 相手のことを知ると、上手くコミュニケーションが取れます。

相手のことを良く知り、

その具体的な「伝え方」が分かれば

生徒さんと先生が持つ「音楽」とのパイプ役になります。

つまり、

生徒さんに適した「伝え方」が出来る先生が選ばれる先生なのです。

リトミックコースにおいては、

保護者の方にきちんと

リトミックの音楽的効果、

1レッスンの目的、

子どもの様子、

子どもの成長過程、

継続していった場合の成果などが

「伝えられるか」「伝えられないか」では

同じ素晴しいレッスンをしていたとしても

専門家では無い普通のお母様方には私達の想いや教育効果は伝わりません。

(例1)

「先生のピアノ演奏に子どもが楽しそうに踊っていた」

(例2)

「先生のピアノ演奏に耳を澄まして聴くことが出来、

音楽を感じて体が反応していました。

自分の感じた楽しいという気持ちを体で直ぐに表現出来るのは素晴しいことですよ。

感じてもどう表現して良いか分からない場合もあります。小さい年齢の子どもは

柔軟性に優れていますので効果も抜群なのです。」

・子どもが楽しんでいれば良い

・同世代のお友達との交流に

・音楽を楽しめる子どもに

というきっかけで来たお母様に上記の説明を

「きちんと伝えられる先生」

「楽しさは伝えられる先生」

どちらが良いですか?

継続してレッスンを受けた場合

「差」が出ませんか?

「将来ピアノを習わせたい」

「音楽をずっと続けていきたい」

と決めていなくて、通い始めた方にも

「音楽」の素晴しさ

「子どもへの多大なる影響」

をきちんと伝える先生=伝わる先生が

「子どもの未来」をもっと豊かに出来ます。

子供の可能性を最大限伸ばせる先生になれます。

「自分の音楽スキル」も、今までよりもっと生かすことが出来ます。

今まで蓄積して来た音楽スキル、

ご自分の想いの「伝え方」をマスターし、

オリジナルのメソッドを確立すれば 選ばれ続ける音楽講師になれます。

24年間、ほぼ口コミで 満席教室になって来たこと

熱意ある先生にお伝えしていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする