子どもには分かり易い具体例で、そして成功体験を実感させてあげる

具体例&成功体験が子どもを伸ばす 

「子どもには分かり易い具体例で、

そして成功体験を実感させてあげて」

「8分音符は1個の半分」が分かっていても

4分音符の中に8分音符がいくつ入るか分からない

としても・・・・

子どもがわかりやすい例をお話してあげると

なぜかすんなり分かる〜(^^)

「お父さんが丸いケーキを1つ買ってきました。

お母さんとAちゃんで食べるとしたら

ひとりどの位食べられるかな?」

と言って、先生が両手で◯を作って

待っていると、

真ん中を半分に切れます。

(包丁のイメージ) 

8分音符2つのリズムが均等に弾けなかった時

  • キチンと半分にしたいんだよね
  • タタのリズム
  • ティティのリズム(それぞれの言い方で)
  • 1と2とで数えてる?(数字で)
  • リズム打ちしてみよう

などあらゆる方面からのアプローチをしていても

 なかなか ジャストなリズム、ピッタリのリズム

にならない時・・・

子どもの中で想像出来ていると

ピッタリ来ます!

「1枚のおせんべいをAちゃんとBちゃんで

仲良く分けて食べてね

って言われて、

ポキって折ったら、

Aちゃんのほうがすっごく小さくなっても

良い??

すっごく大きくなってBちゃんが

小さいおせんべいでも良い?」

「ダメ。やだ」

「そうだよね」

頭のなかに絵を描く・・・

images-13.jpg

視覚的にも

見せられるとなお、効果的。

28500867_902255943499648_345765312_o.jpg

イメージできたところで、

再度

リズム打ちをしたり

先生の模奏を聞いたりしてから

Tryします。

  • 大人の概念と子どもの概念が違うということ
  • その子のイメージしやすい身近なことで説明してあげると

「やってみよう」という気持ちになりやすいこと

そして、

つい先程まで出来ていなかった

リズムが

先生の少しの言葉がけ

ピッタリ!

正確な演奏、リズム打ちが出来たら、

「That’s rigtht!」

そう!それ!

生徒さんの「コレかな?」という感覚

「正解だよ」というサインを出してあげて下さい。

そして、是非、

もう一度やってみて、再現できたら完璧

「成功体験」を実感させてあげて下さい。

(例1)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

何回も繰り返しをして出来た

何となく出来た

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

とうことと、

(例2)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

何をイメージして、

これを考えたら出来た。

もう一度それで出来るかな?

出来た!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

は全然違います!

何回も接したり、子どもとやり取りをする中で、

このような「成功体験」

どんどん身に付けさせてあげられるのです。

色々な「過程」から学んでいきます。

やがて、

「成功」に向けてのルーティン化になります。

同じ 内容を指導していて、

  • 身に付かない
  • 何となく身に付いた
  • ほとんど身に付いた
  • 身に付いただろう
  • しっかり身に付いた
  • 自分自身の力でしっかり考え確実に身に付いた

生徒さんにどうなって欲しいですか?

私は

「自分自身の力でしっかり考え確実に身に付いた」

になる様に

意識して言葉がけ

生徒さん個々に有った接し方

繰り返しの回数

見守り方、

促し方

見極めて判断して指導しています。

1回のレッスン、

10分、5分、1分を無駄にしない。

すると、確実に生徒さんは伸びます。

先生の指導出来る力、熱意は同じで

少し気をつけるだけで全然違ってくるのです。

これは、先生自身にも置き換えられることです。

思考のパターン、

成功したパターンを把握しておくと、

次のシーンで

「成功」へのイメージとルートが見えてきます。

ちなみに

リズムカードも

四角バージョン

28500579_902253193499923_922403739_o.jpg

丸バージョン

28500867_902255943499648_345765312_o.jpg

子どもによってピンとくる形やイメージが

違うので、両方あります。

丸い方は 折り紙で両面。

ガムテープやお皿で形を取って切って貼りました。

(市販の物もあります)

リトミックコースで

もっと年齢が小さい場合も同じなのです。

次回にしますね。

「伝える力」について