1回で成長がハッキリ見えるレッスンにするためには?

 「1回で成長がハッキリ見えるレッスン」

 

1回でハッキリ見える成長をお見せしましょう。

  •  体験レッスン、
  • 講座スタートのためのスタートアップ説明会
  • 入会説明会などに

何度も来てくれますか??

NOですよね。

稀に、

「1歳の時来たんですけど〜」って

また「2歳になって来る方時々いらっしゃいます。

1回で勝負!

って・・・・

勝負事ではないので気合の問題です。

リトミックレッスンの経験と実績

①私は体験レッスン・体験説明会だけでも

100回以上実施しています。

その出来栄えによって

自分のクラスが出来るか出来ないか。

完全歩合制の会社で働いていた時は

自分の1年間のお給料に関わることですから、

「必死」です。

また、そのクラス数によって

1年に1度開催される発表会の

いわばチーム分け

ステージ数、ステージ割も決まってきます。

ハッキリ言って

音楽性や音楽の理解、方向性の違う先生と

組みたくなかったのです。

だから頑張りました。

自分のクラスがたくさんあれば、

自分の生徒さんだけで1演目

ステージが組めるからです。

いつの間にか「即決率」=体験レッスン、当日にその場で即「ご入会を頂く」確率がものすごく上がっていました!

②また、

先生向けのセミナーを開催して、

「なかなか生徒さんが集まらない」というお声を頂き、

今、私がお教室を開いている地域ではないところ

拠点では無いところで

では、開いてみようということで

2箇所 新たにリトミックを開講しました。

いずれ、アシスタントの先生に引き継ごうと思っていました。

そこでは

「単発」の形式を取りました。

ので、1回で

「わぁ〜良かった!」

「いいな〜、また来たい!」

と思ってもらえなければ

開催自体が危ぶまれます。

③後輩の指導、

体験レッスンの社員研修の実施、

当日のフォロースタッフとしても

多数経験があるので

==========

どの点を把握して

どの点を観察して

どの点をフォローすべきか

===========

 

を網羅しているというわけです。

6つの大きなポイント

まず、「リトミックの体験レッスン」においての

6つの大きなポイントを挙げてみます。

(1)お母さんの気持ちは?

  • わくわく
  • たのしみ
  • 不安
  • うちの子できなかったらどうしよう
  • 他の子ってどうしてるの?
  • 私はどう動けばいいの?
  • 子どもの様子次第で入ろう!
  • 私はやりたいな

(2)当日までのやり取り・当日の観察から感じ取れるもの

  • 申し込みはスムーズだったか
  • メール返信などのやり取りでの一般常識
  • 言葉遣い
  • やる気
  • 時間集合
  • 持ち物など

(3)子どもの様子

  • 親子(母子)の接し方
  • 子どものタイプ
  • 新しいものへの子どもの反応
  • 子どもが何が好きそうか
  • 子どもと親の関係
  • 親の考え方

(4)自分のレッスンの考え方

自分の「リトミックレッスンへの考え」をどうレッスンに沿わせるか

「音楽」に対する想い

「子ども」に対する想い

(5)今日(今回)の経験子どもにとってどういうことか

(6)子どもが今、どういう時期で、どのくらい大切これから将来どうなっていくか

コレだけは最低あります。

ただ、コレ、延々と演説していても

聞いてくれるわけないのです。

小さな子どもから目も離せないし。

さて、どうしましょう!

専門家としての知識をいかに簡単に伝えるか

簡単に、短く

実例を混ぜて

自分らしく言う

もし、自信がない方は、

掲示物に工夫をすると良いと思います。

配布物に工夫をすると

視線が下がってしまい、

お母さんがたの表情が読み取れません。

1回でハッキリ見える成長をお見せするレッスン

の前に・・・。

の内容になりました。

体験レッスンシーズンでもありますので

このシリーズで続けていきます!

体験シリーズ 相手の気持ちを読み寄り添う