体験レッスンの理想と現実のギャップを乗り越える

「体験レッスンの理想と現実のギャップを乗り越える」

  • 何を把握・観察し、フォローすべきか

  •  キャッチすること・伝えること注意ポイント6

  •  実際の流れ(1)体験レッスンを(何らかの形で)受付(募集)して、(2)来て頂いて、

    (3)レッスンをして

    (4)(アンケート書いてもらい)

    (5)相手の返事待ち

    (6)さようなら(ご挨拶)

「レッスン」について

 

自分自身が思い描いている

「理想のレッスン」

「理想の体験レッスン」

当てはめない様にすることに注意してみて下さい。

例えば、

  • 受付で予約の名前を申し出てくれる
  • やる気で来ている
  • 入会を検討して来ている
  • 入会を検討するために来ている
  • 子どもを上手く促してくれる
  • こちらの言うことに注視している

だろうと言う前提を取っ払って

ゼロベースかも知れない

くらいの気持ちで

準備してみて下さい。

例えば

人が近づいてきたら

  • ご予約ののお名前をお聞かせ下さい
  • 〇〇の受付はこちらです

と、来てくださった方を一瞬でも迷わせないように

観察し、こちらからご案内できれば良いのです。

images-6.jpg

そして、

  • 何となく来てみた
  • 友だちに誘われて来た
  • 入るかどうかはわからないけど「体験」だから来た
  • まだ入会まで考えても大丈夫でしょ

という気持ちの方にも

  • わっ!良い!!
  • わっ知らなかった。
  • 予想以上。
  • 子どもの反応が良いっ!

と思ってもらえる「体験レッスン」に

まずしましょう。

具体的にはどうしたら良いか。

【リトミックの場合】

  • お母さんはどうしたら良いか具体的にレッスン前に伝えておく
  • 月齢差が有ることを伝えておく
  • 子どもの反応が鈍くてもそれは「出来ない」ではないことを伝えておく
  • 子どもが怖がった場合、抱っこと言った場合、どうするか伝えておく

(a)レッスンの導入を考える

  • 自然に音楽あそびに入る
  • 挨拶をきちんとする
  • 激しすぎない音楽
  • 手遊びなど触れ合い遊びで安心する

*それぞれのメリット・デメリットが有りますので

先生の指導方針で選択して下さい。

  • 大手音楽教室で昔「木のおもちゃ」で遊んでからレッスンへ入るというコースが有りました。

それはそれでとても良い経験だと思いますが、

子どもが「おもちゃで遊べる所」と勘違いしてしまうケースがあります。

数分で「お片付け」が難しいケースもあります。

  • 自然に音楽あそびに無理なく入る

「始まります」というキチンと感がないというご意見を言われたことがあります。

  • 敏感すぎる or まだ起きていない子も中には居ます。

  大人の・自分の「楽しい」が「激しい」にならない様に気をつけてみて下さい。

(b)リトミックの動きが違った時どうするか?

先生(指導者)が一人の場合はよく起こるかもしれません。

足のステップや動いてほしい「動き方」がお母さんが違う解釈がったら??

言いづらい。確かに言いづらい!

でも、その人がご入会してくれたら?

はい、

まず、全体に向けて

もう一度違う促し方でアピールしてみましょう。

その「動き」こそがリトミックの要になっていく。

体験であっても1回であっても妥協しない。

それでも通じなかったら、

先生が前へ出てしっかりと動きの見本を見せると

良いと思います。

(c)子どもが「出来た時」

  • 先生の方に子どもの顔を向かせている時
  • お母さんに子どもの表情が見えない時、
  • お母さんがこどもの「出来た」を見逃している時

しっかりと「出来たこと」「変化があったこと」を言いましょう。

 

  • 「パチパチ出来るようになりましたね」
  • 「しっかり目と目が合いましたよ!」
  • 「リズムに合っていました!」

過小評価して「入らない理由」を作ろうとするからです。

この辺から、

「小技」が光ってきますよ〜☆

そして、

「動き」に関する「出来た」だけではなく

  • 集中している
  • 譲れた
  • 待てた
  • しっかり持っている
  • 笑顔

などの「変化」や「出来た」

お母さんと共有していくのです。

(d)誰にでもわかりやすい音楽

リトミックの「即興演奏」って素人の方には分かりづらいです。

(それが肝なのですが!)

体験レッスンの時は

この教室・このサークルに来ていれば

こんなにたくさんの「出来た」「変化」が毎回有るんだ

と思ってもらいたいのですね。

なので、

  • 出来るか出来ないか、
  • 繰り返し経験したらコレも出来るようになります

という音楽経験ではなく

「うちの子 出来た」が大切なのです。

何がありますか?

  • 静と動
  • リズム
  • 強弱

先生の中で 多彩な表現ができるものを

持ってきて下さい。

この(a)~(d)をレッスンの中で実施出来たら、

レッスンが終わった時点で

  • 入会をほぼ決めていた人は喜びに満ち溢れ
  • 入会を検討していた人は喜び
  • 入会を検討していなかった人は検討しなきゃと思い
  • 何も知らなかった人は自分に知識がなかった

と実感するのです。

images.jpg

つまり、会場に来た時点でのその人の持っていた

熱意・やる気の「温度」が

確実に上がっています。

そこで、

(4)(アンケート書いてもらい)

(5)相手の返事待ち

(6)さようなら(ご挨拶)

はあまり時間を掛けません。

クラスの「定員」が有る場合はもっとやりやすくなります。

「先着順」です。

「お手数ですがアンケートへのご協力をお願い致します。

また、ご入会をお決めくださった方は人数に限りがございますのでお知らせ下さい。」

といって

掲示物などで定員が分かるようにしておくと良いですよね。

広い会場で「定員」も特に無く〜という場合は、

生徒さんの下のお子さん、

予め入ってくれるとわかっていた人へ

「〇〇ちゃんご入会ありがとうございます。こちらご入会のご案内です」

と言って

全体の雰囲気をあげていく、盛り上げていくと

ブログをずっと読んでいた人、

ほぼほぼ入ると決めていた人が

す〜っと「入ります」と言ってくれます。

5a2dd5b771945.png

本当です。

長くなったので、

(4)(アンケート書いてもらい)

(5)相手の返事待ち

(6)さようなら(ご挨拶)

「体験レッスンの終盤シメ」についてはこちら

 

体験レッスンに関して、具体的に困っていることなど、

質問受け付けます。